サイズ選びのポイント

子供服のサイズで間違いやすいこと

子供服を選ぶ際に気をつけておいたほうがいいことがあります。
間違っても絶対一つ大きめのサイズは買わないようにしましょう。
サイズが合いませんと、見た目もあまり良くはありませんし、何より子ども自身がとても着にくい事と思います。
しかし逆にぴっちりしたものを購入してしまいますと、今度は着苦しくなりますので、ちゃんとお子さん自身が試着をしてピッタリの服を買いましょう。
しかし成長期に入りますと、身長はもちろん、体重もぐんと大きくなってつい最近買った服が入らなくなることが多々あると思います。
そんなときは、ズボンの丈を少し長めにして購入し、大きくなった時に使用するとか、足の大きさもだいぶ変わると思いますので、学校の指定の靴などは少し大きめを購入しておくといいかもしれません。
しかし子供の成長はいつ大きくなるか、または、そのままもう成長が止まってしまうのかは誰にもわからないですよね。
そういう時はその時その時で対応していくしかありません。

子供服のサイズを選ぶ難しさ

子供の成長は著しく買っていたのに着せたい時にはサイズが小さかったなんてことはないでしょうか?そんな失敗を避けるためにも、子供服を購入する際に注意したいことを紹介したいと思います。
1番失敗しない方法は、お子様と一緒に買い物に行き、お子様にあった服をその場で試着しご購入されることです。
しかし、一緒に買い物に行くとお子様の機嫌もあり試着させてくれない、思ったようにスムーズに買い物できないなどリスクが出てくることも事実です。
また、セールなどで安価になっている時にまとめて大きい服まで買っておきたいですよね。
新生児の服は、ロンパースや肌着の80サイズは長い期間活躍します。
肌着などは袖なしのノースリーブタイプを多く持っていた方がいいかもしれません。
ノースリーブだと1年中使用できとても便利です。
お腹も冷やさずお昼寝などにも最適です。
ズボンのサイズの変化はあまりないのでその時合ったものを購入した方が無難かと思います。
Tシャツは大きくてもいつか着れる時期が来るのでまとめ買いに最適なアイテムだと思います。

Favorite

2019/8/2 更新

Copyright 2015  kids clothing guide.  All Right Reserverd.