男の子の子供服

男の子にぴったりの子供服選びのポイントとは?

男の子の子供服、種類が多くて迷いますよね。
選ぶときに抑えておきたいポイントをご紹介します。
まずは、生地の品質です。
男の子は外遊びが多く、汚れる頻度も高くなりがち。
洗濯に耐え、汗をよく吸い取り、動きを妨げない程よい伸縮性のある生地がおすすめです。
次にデザインです。
紐やループ等、遊んでいるときに引っかけるような付属品が付いているものは極力避けたいところです。
フード付きの衣類も保育園等の子どもが集団生活を送る場では着用させない方が無難です。
着替えのトレーニングの時期には、トップスはかぶりのもの、ボトムスはウエストゴムで全体に程よいゆとりのあるものが着やすいでしょう。
最後に、その服を子ども自身が気に入っているかどうかです。
男の子は女の子に比べて流行に左右されず、自分の好きな服ばかりを着る傾向があります。
好みがはっきりする年頃になったら、なぜその服が好きなのかを聞いてみましょう。
買い物の際に自分で服を選ばせてみるのも良いでしょう。
お洒落で快適な服を選んであげて、将来自分でお洒落が楽しめるようになったら素敵ですね。

男の子向けの子供服を長持ちさせるための工夫について

子供は活発に動き回るため、着用する衣類も頑丈な造りの物が多いのが特徴です。
特に男の子向けの子供服はほつれや破れなどが生じないように当て布などで補強されていますが、取扱いを誤ると生地が劣化して破れてしまうことがあるので適切に扱うことが重要になります。
子供は遊んで動き回る際に衣服に様々な汚れをつけてしまうため、綺麗な状態を保つために強力な洗剤で洗浄します。
その一方で洗剤の成分で生地が傷むこともあるため、必ず子供服のタグを確認することがお気に入りの一着を長持ちさせるための心得です。
また、男の子は成長が早く、すぐに体型と衣類のサイズが合わなくなってしまいます。
サイズが合わない子供服は動きを阻害して転倒などのトラブルを引き起こすので、体型に合致するサイズの衣類を着せることが保護者の務めになります。
生地のほつれなどが生じた際は同じ材質の生地で補強を行うのが一般的ですが、アップリケなどを併用して見栄えを良くするのも工夫の一つです。

注目サイト

塾を西宮市鳴尾で検索

2018/8/30 更新

Copyright 2015  kids clothing guide.  All Right Reserverd.